にんにく卵黄と免疫力

にんにく卵黄に使われるにんにくは、ネギや玉ねぎ、チャイブ、アサツキなどと同じネギの仲間の植物です。

 

日本では夏場そうめん等にネギを入れます。これは、ネギ科の植物が持つ香り成分が、強い抗菌力を持つためです。食中毒予防です。

 

にんにく卵黄が古くから愛用されてきた理由のひとつに、この殺菌力があります。腸内で出血を起こす大腸菌等は、あくまでも臨床実験の結果ですが、にんにくがあると少なくなるといわれています。

 

肉類には、O157の他ウェルシュ菌等沢山の菌がつきます。昔は、冷蔵庫が無く、肉類の保存方法がなかったので徐々に腐敗していく肉の匂いを消すのに使っていたとも言われています。

 

現実に、パンににんにくを擦りつけておきますと、カビが何日経っても生えないという実験結果もあります。

 

また、にんにく卵黄だけではなくネギ科の植物は身体を温める属性を持ちます。私はスープを作りますが、中華風の溶き卵、ネギ、にんにく、若布、干しエビを使ったものは好評です。

 

ごま油で細かく刻んだにんにくとネギを炒めてその後干しエビや中華スープのもとを入れます。卵を入れることでタンパク質もとれます。風邪予防の定番メニューです。

 

ただにんにく卵黄と違って炒めてしまいますと、成分が変わってしまうこともあります。後は前処理の時凄まじい匂いが体につくのがお約束です。

 

大人しくにんにく卵黄を買った方が手間も匂いもないので良いかと思います。特にひとり分作るとにんにくが確実にあまります。

関連ページ

にんにくの歴史
にんにく卵黄が健康にもたらす効果とは?にんにくにんにく卵黄と原材料
にんにく卵黄とにんにくの成分
にんにく卵黄が健康にもたらす効果とは?にんにくが健康にいいといわれる理由は、その成分にあるのです。
卵は総合栄養食
にんにく卵黄が健康にもたらす効果とは?卵は総合栄養食といいますが、実際にはどのような効果が?
にんにく卵黄とにんにくの種類
にんにく卵黄が健康にもたらす効果とは?にんにく卵黄とにんにくの種類
にんにく卵黄と生のにんにくの違い
にんにく卵黄が健康にもたらす効果とは?にんにく卵黄と生のにんにくの違い