にんにく卵黄とにんにくの種類

教会に漂う強烈なにんにくの匂い、さぞかし吸血鬼が嫌がりそうな光景です。

 

犯人は父が作った沖縄でよく作られている島にんにくです。紫色の皮を持ち見た目は綺麗ですがアリシンの含有量が高く、匂いがすごいのです。食べると美味しいので皆様喜んでもらってくださいましたがもうもっていかないと決めました。

 

逆にあまり匂いがない、マイルドなにんにくもありますし、にんにく卵黄の場合は、発酵させたにんにくを使うこともあります。

 

匂いが化学変化で、無くなって働き方も変化します。他に北国で雪に埋め、成分を多く含むようにしたものを使うメーカーもあります。

 

にんにく卵黄なんて、にんにくを使ってあればどれも同じと思う方がいます。でも、品種によって好む環境が違います。当家の庭は、もともとは岩盤だったのを堆肥などを加えて土壌改良したものです。殆ど農薬や化学肥料を使いません。

 

にんにくは本当は、芽が出て育つ栄養を蓄える部分ですので、放置しますと、成分が濃くなります。鹿児島でにんにく卵黄をよく作るのは火山灰が作った土壌だからです。あまり栄養分がないのです。九州はこういう土地が多いのです。雪の中に埋めるというのもにんにくが自分を守るために糖や他の成分でガードをするからです。

 

同じ品種でも随分と差が出ます。

 

国産のにんにくはやや大きめですが中国産など安価なものは、小ぶりで味も香りも違います。

 

色々なブランドのにんにく卵黄の産地を調べて比べても面白いですね。

関連ページ

にんにくの歴史
にんにく卵黄が健康にもたらす効果とは?にんにくにんにく卵黄と原材料
にんにく卵黄とにんにくの成分
にんにく卵黄が健康にもたらす効果とは?にんにくが健康にいいといわれる理由は、その成分にあるのです。
にんにく卵黄と免疫力
にんにく卵黄が健康にもたらす効果とは?にんにく卵黄と免疫力
卵は総合栄養食
にんにく卵黄が健康にもたらす効果とは?卵は総合栄養食といいますが、実際にはどのような効果が?
にんにく卵黄と生のにんにくの違い
にんにく卵黄が健康にもたらす効果とは?にんにく卵黄と生のにんにくの違い