にんにく卵黄と原材料記事一覧

にんにくというとどうしても吸血鬼退治が思い浮かぶ方が多いでしょう。何故、にんにく卵黄に使われるにんにくを吸血鬼が嫌うのかは諸説ありますがひとつに伝染病と匂いの関係があるかと思われます。タッジーマッジ―という香りの花束がありますが、これは法廷で裁判官や役人が持っていたものです。牢獄の中は不衛生なので被告は病気を持っていることが多いので薬草の香りで予防したようです。昔は病気は悪意を持って死んだものや、...

にんにく卵黄の原材料のひとつにんにくは日常生活でもよく餃子等に使いますね。普通に卵と一緒に食べるだけでは駄目なのかという方も多分おいでだと思います。にんにくが健康にいいといわれる理由は、その成分にあるのです。アリインというものです。にんにくは収穫した後干してから、皮をむきます。そして刻むとあの独特の匂いがします。これは細かく刻むことで空気に触れたアリインがアリシンというものに変わったものです。この...

にんにく卵黄に使われるにんにくは、ネギや玉ねぎ、チャイブ、アサツキなどと同じネギの仲間の植物です。日本では夏場そうめん等にネギを入れます。これは、ネギ科の植物が持つ香り成分が、強い抗菌力を持つためです。食中毒予防です。にんにく卵黄が古くから愛用されてきた理由のひとつに、この殺菌力があります。腸内で出血を起こす大腸菌等は、あくまでも臨床実験の結果ですが、にんにくがあると少なくなるといわれています。肉...

にんにく卵黄に欠かせないもうひとつの主役は卵黄です。夕飯を作るときに必ず入れるのが卵料理です。料理はあまり得意ではないのですが、卵料理のレパートリーは多いです。ノンアルコールカクテルでも、ミルクセーキやラバーズキスというレシピがあります。卵を使うカクテルはアルコールが入っていても多いです。コーヒーもそうですね。脂質が少なくタンパク質が多いので疲れた胃腸や体にはいいのです。卵はどの動物でも非常に大切...

教会に漂う強烈なにんにくの匂い、さぞかし吸血鬼が嫌がりそうな光景です。犯人は父が作った沖縄でよく作られている島にんにくです。紫色の皮を持ち見た目は綺麗ですがアリシンの含有量が高く、匂いがすごいのです。食べると美味しいので皆様喜んでもらってくださいましたがもうもっていかないと決めました。逆にあまり匂いがない、マイルドなにんにくもありますし、にんにく卵黄の場合は、発酵させたにんにくを使うこともあります...

にんにくのあの強烈なにおいは加熱しますと若干薄くなります。匂いの大本はにんにく卵黄に入っているアリインという成分が酵素の力でアリシンに変わったためです。アリインは空気に触れますとアリシンになるのですが、酵素、化学反応を助ける物質アリナーゼがアリシンを生み出します。熱を加えると少し穏やかになるのです。よく、健康にいいということでにんにくのすりおろしをそのまま食べる人がいます。その次の日、胃腸障害や強...